キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

キムタクまとめ

キムタク プライベート

キムタク、ファミリービジネス始動!これからどうなる?どうする?

更新日:

2020年3月18日、びっくりな芸能ニュースが広がりました。

なんと、おもて立った芸能活動しないだろうと思われていたキムタクの長女である心美(Cocomi)さんが、芸能界にデビューしたのです。

しかもなんの前ぶれもなく、いきなりファッション雑誌「VOGUE JAPAN」の表紙でモデルとして登場。その日はエンタメ界隈で大きなニュースがほかになかったためか、トップニュース並みの注目を浴びました。

心美さんは同時にインスタも開設。

英語と日本語を併記して投稿しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皆さん初めまして、Cocomiです。 これからよろしくお願いします! I’ll do my best! @dior #DiorandCocomi

@ cocomi_553_officialがシェアした投稿 -

心美さんはそれまでフルートで音楽の道をすすむだろうと報道されていました。なのでモデルデビューには驚いた人も多いでしょう。

ついに来たか、と感じた人もいるかもしれません。

なぜなら心美さんのニュースが出るちょっと前から、妹コーキさんや母親のインスタに、心美さんの存在がちらりちらりと出始めていたからです、世間に対して少しずつ匂わせていたのでしょう。

心美さんのデビューで、ついにキムタク家の4人全員が「芸能人」となりました。

キムタクと奥さんから子供にむけてSNSでメッセージ

このタイミングでまさに満を持した、または機は熟したということでしょうか、

2人のお嬢さんの両親がそろってSNSで子供たちについての言葉を発信しました。

母親のインスタグラム

父親のメッセージ

父親は中国のSNS「Weibo」に、「go FLY! my ANGELS!(羽ばたけ、俺の天使たち)TAK」と投稿しました。

(日本にいる日本人の子供たちに、他国のSNSを使って日本語以外の言葉でメッセージを載せているのもナゾだし、なぜ家族への言葉を直接ではなく公にむかって発信するのはなぜなんだろと毎回思うけど...)

これまで家族のことにほとんどふれなかったキムタクが、積極的に自分から家族へのメッセージを公表したのはファン界隈にとっては中々のインパクトなのではないでしょうか。

キムタクも最近はテレビでも子供の話をするようになってきていたので、突然子供のことを解禁したわけではありませんが。

そういえば以前、当ブログ内でキムタクがマッチとの対談で、木村家の家でのできごとをかなりくわしく話ているようすを紹介しました。

家庭内のようすはめちゃくちゃふつうの ”ティーンがいるファミリー”と言った感じで、ほほえましかったですね。

ただ家族同士の言葉づかいが...ややザンネンではありましたが。

キムタク家のこれからを好き勝手に想像してみた

さて、ついに家族全員が芸能界にでそろった木村ファミリーですが、今後はどんな展開を見せるのでしょうか。

かなり好き勝手に考えてみました。

■キムタクパパ

キムタクパパは今の展開をそのまま突き進むと思います。つまり、視聴率のいい枠での主役ドラマ、そして年1くらいの映画、有名ミュージシャンとコラボの音楽、という仕事を回して行くと思います。

コロナが終息したらアジア圏でソロコンサートがあるかもしれませんね。

外国語はニガテなようなので、俳優としての海外進出はないかも。

浅野忠信さんのように話せない言語でも耳で発音を覚えてセリフを言う(モンゴル語で主役をやった)というのを出来れば海外進出もあるかもしれませんね。

なんたって中国でSNSをしているので。

■キムタク奥さん

キムタク奥さんはインスタグラムと絵と、ときどき歌を歌ったりして積極的に子供たちのプロモーションに精を出し続けるのでは。こちらも今と変わらない感じでやっていくのではないでしょうか。

でも今のように子供さんたちにネット上での批判的な言葉が続くと、いつかどこかで爆発するかもしれませんね。

ジワジワと家庭内の露出度が上がっているので、家族4人のシルエット写真がインスタに上がる日もそう遠くないかもしれません。

すでに親子二人のシルエットは上がってますしね。

だれかの誕生日とか、なにかのお祝いの日にとか、そういうタイミングで4人を出すかも。

世の中が4人を家族として好意的に受け入れるまで、奥さんの”ファミリーチラつかせ”は終わらないと思われます。

■キムタク次女

次女さんは英語がふつうに読み書きできるし、話せるならこの際ハリウッドを目指すのもありなのでは。

インスタグラムにわざわざ英語で投稿するということは、英語が分からない人は相手にしてないというスタンスですよね。なんならコミュニケーションすら要らないのでしょう。ならば英語圏で活躍できるようにした方がいいと思います。

とはいえ、世界的なモデルになるのは体型的にムリがある思われます。(身長とか足のカタチとか、これまでに出てきている写真から)

ならば、個性で押し切れるハリウッドの女優を目指すのが現実的なのかもしれません。

アメリカはやっぱり今でも実力主義の国です。無名で映画のチョイ役でも、キラリと光るものがあると有名監督から目を付けられるかもしれません。

次女さんの顔はハリウッド映画でみかける”アジアンビューティ”系に属すると思われます。

演技を本格的に学んで、松田聖子さんのようにチョイ役でもいいから仕事もらえればハリウッドに食い込めばチャンスができるかも。

ネイティブ並みの英語力を持っているなら、出るだけのハードルは親のチカラをもってすれば低いのではないでしょうか。

ちょっとワガママなアジア人家庭のお嬢さま、なんてぴったりの役だともいますけれども。

■キムタク長女 

長女さんは、音楽と芸能どっちに進のか、今の時点では本人もまったく先が想像できないのではないでしょうか。

美人過ぎないで癒し系でホンワカほにゃ~っとしたところがすごくかわいいし、透明感もあるので女優としてブレイクするかも・・・

この動画見て思うんですけれども。

彼女にはキラリと光るものがありますよ。妹さんにはないものが。なにかしらで頭角を現すかもしれません。

着物も似合う顔立ちだからそのうち大河とか朝ドラに出たりして?NHKは実力のある人が選ばれるから、演技力があるかどうかがカギに姉うと思われますが。。。

でも長女さんも多言語を話せるので、国内だけではもったいないかもしれませんね。発音はほんとにネイティブですし。

▼いうて整ったお顔のカワイイ姉妹ですよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The best sister, best friend and my other half ❤️ love you sis ❤️ Photo by Itou Akinori💓

Kōki,(@koki)がシェアした投稿 -

キムタクファミリーの行くえに注目

ネガティブなイメージが強くなっているキムタクファミリーですが、ニュースサイトが一斉に彼らの情報を載せるので、良くも悪くも知名度はどんどん上がっていっているのは事実。

お嬢さんたちの両親はなんとなく...今までのことがあるのでこれから好感度を上げるのはむずかしそうですが、まだ10代の彼女たちには無限の可能性が潜んでいると思われます。

経済的にも親が十分サポートできるだろうし、ルックスもいい。

しばらくはキムタクファミリーで売り出して、大人になって実力がついてきたら神田沙也加さんみたいに親の影なしに人気が出るといいですね。

2020年3月にはじまったキムタクファミリー劇場。これからもしばらくはネットニュースをにぎわし続けることと思います。

SMAP時代からのキムタクファンにしてみれば、キムタクが結婚している事実を突きつけられるのは未だにいい気はしないでしょうが。。。

 

パーソナルトレーニングジム-24/7

関連広告

-キムタク プライベート

Copyright© キムタクまとめ , 2020 All Rights Reserved.