キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

キムタクまとめ

キムタク プライベート

2017年「新人」キムタクが語った言葉は?

投稿日:

2016年12月30日、自身のラジオ番組「What's up SMAP」にて「ありがとう!SMAP!」という言葉で28年間のSMAP生活に幕を下ろしたキムタク。

彼だけは持ち番組のタイトルに”SMAP”という名前を残しましたが、これは『Sad(サド)Maso(マゾ)Assenble People』という意味にしており、「だから、ちょっとね、変態なんですよ、このラジオは。スタート当初から。1月以降、変わらずよろしくです!」と締めくくっていました。

明けて2017年1月6日、キムタクのワッツはいつも通り放送されました。テーマソングも何も変わらず、変わったのはSMAPのメンバーという肩書が消えたことだけでした。

ピンの芸能人「木村拓哉」として初めての番組で、キムタクは新年の言葉「おめ言葉」に、”新しい人”という意味を込めて『新人』という言葉を選びました。

『”新人さん”という言葉を、生まれたての雛(ヒナ)みたいな扱いで呼ぶことはあると思うんですけど、なんかそういうことではなく、経験値は若干あるんですが、なんかこう~新たな気持ちで自然体に過ごせていけたらいいな、ということで、『新人』という言葉にさせていただきました!』

とのことで、気持ちも新たに新年のスタートを切った気持ちを語っていました。

 

キムタクが2017年お正月に感じたこと

その後、SMAPのメンバーではなくなった気持ちと、お正月に感じたことを赤裸々に語ります。

「去年の年末まで、本当にたくさんのファンの方々がいろいろ動いてくれまして。SMAPというものを、みんなの記憶にちゃんと残そうとしてくれたというか…その結果、記憶だけではなく記録にも結びついたりして、本当に感謝しています。

2016年から2017年になって、事実上はボク自身は単純に”木村拓哉です。”っていう表記しかなくなりましたからね。うん。。。

”SMAPの木村拓哉”っていうことではなくなったっていうのが、うーんすごく、なんかこう、正月とはいえ、なにかこう何か冷静になって考えていたような気がしますね。でも、”じっと考えてても、何も変わらね~な~”と思って、はい、ひたすら体動かしてました(笑)

まぁ、気持ちが変わった部分っていうのは、なんだろ、根底の部分で変わってるんじゃないかなとは思うんですけど、でも、なんだろな~。大きな ”ガラガラガラー!”っていう視野が変わったっていう感覚はまったくないので。台本を読んでいたりとか、身体動かして汗流してたりとか~、うーん。あ、お正月のテレビ番組、”あ、さんタクねーじゃん!”っていう普通の感覚?」

「で、”あ、やべ!さんまさんに『明けましておめでとうございます』言ってねーや!”と思ってメールを送ったら、なんかすごい、49ersの16番のジョー・モンタナのTシャツを着てメキシカンハットをかぶった、つけヒゲをしたさんまさんの写真が送られて来て(笑)

『アミーゴ!おめでとう!』って返ってきたので、”またこの人、あちらで浮かれてるんだな~”っておもって(笑)」

「本当にたくさんの人から、プライベートな部分でもメッセージをいただきまして、本当に、あの~実感が湧かないところも正直あるんですけども。。。

今まで以上に、自分一人ではなくて、リスナーのみんなもそうですけど。現場の皆さんの力を借りて、一緒にいろんなものを作り上げていきたいと思ってます!」

 

------------- この日のキムタクさんは声もさわやか元気いっぱいで、吹っ切れた感がよく出ていて、聴いていてとても気持ちのいい回でした。

ほかのメンバーの新年明けのラジオ番組もチェックしてみましたが、こうしてSMAPのメンバーでなくなった気持ちをあっけらかんと語っていたのはキムタクだけ。ほかのメンバーは名前も出しちゃいけないの?なんて思いもしましたが、しんツヨはしっかりSMAPの曲ばっかり流していましたし、実体はなくなっても、SMAPはしっかり存在しているんだな~って思えた、各メンバーの新年のラジオ番組なのでした!(*^∀^*)

 

100円

-キムタク プライベート
-

Copyright© キムタクまとめ , 2018 All Rights Reserved.