キムタクまとめ

キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

*

映画「HERO」撮影終了後のとってもハートウォーミングで泣けるお話

      2016/04/25

 

hero01

 

キムタクって意識的にカッコつけてるんだか、素でカッコいいんだかちょっとわからないとこあるじゃないですか。

で、すごい気が利くとかスタッフさんの受けがいいとか、一方では嫌われてるとかなんとか、もう有名税で言われ放題なんだけれども。

いや、やっぱホントに自然にカッコいいことできて、それでいてやさしい人なんだなぁ~って思わずにはいられないエピソードが、2015年2月13日放送の「木村拓哉のWhat’s up SMAP」で流れていたので紹介しますね。(キムタクが自分で言っちゃってるんですけど、それでもとてもいいお話なんですよ~)

長いけど一気に掲載しますね。

 

バラされるセットを背にしていた美術スタッフさんにキムタクは

まずリスナーさんからこんなメッセージが届いていました。

「拓哉キャプテン、こんバッバッバッバッバッバッバーン!「HERO」の映画の撮影お疲れさまでした!クランクアップおめでとうございます!

「HERO」の映画で、美術の係に私の部活の副顧問の妹がいたらしく、最後に自分たちが作ったセットを、目の前で壊されていくのを見て泣いていたら、キャプテンが来て頭をポンポンしてくれたと聞きました!

その後の反省会でも『泣く人が出るくらいガンバってくれていて良かった』らしきことを言っていたと聞きました!これは本当ですか?泣いている人をほおっておかないキャプテンがかっこよすぎます!
HEROのことも、この話のことももっと詳しく聞かせて下さい!お願いします!」

———-なんとこんな投稿が!これはすごく気になります。
キムタクはこの質問にしっかり答えてくれました。

 

「はい、撮影の方は無事には2月の3日に無事終わりました。ありがとうございます!城西支部のメンバーはまだ撮影残っているんですけど、ボクの方は一足お先にクランクアップさせていただいて、城西支部のメンバーに花道を作ってもらいました。イぇ~い!ってヤッシーが盛り上げてくれました。

そんときにね、城西支部のセットの横に立っていたのレストランのセットがあって、美術さんが細部までこだわって作ってくれたセットなんですけど、シーン自体の撮影が終わると、どんどんバラしていくじゃないですか。」

 

「自分たちが今まで撮影をさせていただいて、作業の工程として普通な風景というか普通の作業なんですけど、気になった一スタッフがいて、ほんと入ったばっかりのスタッフなんですけど、なんかこうセットを背にしてぐしゃ泣きしてたんですよ。なんだ?どうしたんだろう?と思って。

 

メイクを担当してくれている、うっちーさんという女性のスタッフがいるんですけど、うっちーが一番最初に声をかけていて、「ほれほれほれ」みたいな感じで、励ましてる姿を遠くから見てたんですよ。どうしたんだろう?と思って。

で、うっちーに、「あの子、どうしたの?」って聞いたら、入りたての美術という仕事で、今回『HERO』に参加して、すごく気持ちをこめて思い入れのあるセットが目の前でバラされていくのがすごくなんかこう、悲しくなってしまって、感極まって・・・らしいよっていうの聞いたから、それ、なんか、たしかにね初心ということでなんかそれ、涙が溢れるくらい、気持ちを込めてセットを作ってくれた人がいたんだという事実じゃないですか。」

 

「で、ボクらはまぁレストランのシーンではその日なかったんだけれども、でもそういうなんか、バラされていくセットを背にして、大先輩達は黙々と、もうほんと黙々と作業進めてるわけですよ。

ベテランの段取りの良さ、やるべき事を職人としてやっていく素晴らしさもあれば、初心という素晴らしさもあって、同じタイミングでその場にあったんんで、なんか、やっぱ恵まれてるな〜と思って。

で、気分転換に外出て戻って来たら、まだその子がセット前でショボーンとしてたから、頭を「ポンポンポンポーーン!」として(笑)、ん、言葉は何もかけなかったんですけど、彼女も「すみません!」という感じで作業に戻っていきましたね。」

 

「ん~いや~そうですね、実際ドラマから始まって、長い事「久利生公平」という人間をやらせてもらってきましたが、なんだろうな~、あ、これ本当に終わるの?っていうのが毎回ありますね。ドラマ、映画で4回クランクアップしてるので、”本当に終わりなの?”っていう気分は正直ありましたね。

編集があがってみてどういうものになっているか、早く見てみたいな~と思いますね。スタッフはまだまだ続きますので、現場を思いながら待ちたいと思います!」

 

———ってことだったのです!あたまポンポンを自然にできるキムタク、カッコよすぎる。そしてなんてお優しい方なの!

キムタクが気にしてくれて、あたまポンポンって・・・

ポンポーンって・・・・。

羨ましすぎる~!そして、その美術の新人スタッフさん、ピュアすぎる~!そんな気持ちもうとっくにジュラ期くらいに忘れちゃったわよ~。

 

ハートウォーミング過ぎて打ちながら目から汗がでちゃいました!

汗が出ながらも、ピュアだからポンポンしてくれたのかしら、それとも若い女の子だからポンポンしてくれたのかしら?オバサンが泣いていてもポンポンしてくれるのかしら?どうなのかしら?なんて気になってしまいました。

 

ポンポンされる日なんて来るわけないのに(笑)

 

 

 

パーソナルトレーニングジム-24/7


スポンサーリンク

 - 木村拓哉 映画