キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

キムタクまとめ

木村拓哉 映画

キャストとわきあいあいな現場を過ごした香港映画「2046」

更新日:

2046

 

『2046』は2004年の香港映画。『欲望の翼』、『花様年華』に次ぐウォン・カーウァイ監督の1960年代シリーズの3作目。劇中の現実世界の主人公をトニー・レオン、劇中劇の主人公をキムタクが演じています。第24回香港電影金像奨最優秀主演男優賞(トニー・レオン)・最優秀主演女優賞(チャン・ツィイー)受賞。ニューヨーク映画批評家協会賞・最優秀外国語映画賞受賞。2004年度ヨーロッパ映画祭インターナショナル(非ヨーロッパ)映画賞受賞。2004年度カンヌ国際映画祭・コンペティション部門出品作品。文春きいちご賞2004年度第8位。日本国内興行収入約7億8000万円。

キャスト:
チャウ・モウワン:トニー・レオン
バイ・リン:チャン・ツィイー
ワン・ジンウェン/WJW1967:フェイ・ウォン
タク:木村拓哉

あらすじ:
1960年代、作家のチャウ・モウワン(トニー・レオン)は香港のホテルに滞在していた。そのホテルのオーナーの娘ワン・ジンウェン(フェイ・ウォン)は日本から来たビジネスマンのタク(木村拓哉)と恋に落ちるが、オーナーである父親に交際を反対される。やがてタクは帰国してしまう。恋文のやりとりもままならない2人に、チャウはタクの手紙を代わりに受け取ろうと申し出る。言葉も通じず遠く国を隔てられた恋人同士にインスパイアされて、チャウは小説『2046』を書き始める。作中に登場する人物たちは永遠の愛を求め「何も変わらない」と云われる“2046”を目指して列車に乗るのだが…。

チャウが書き始める小説の主人公がキムタク演じるタクとなっているのですが、見た人の評価ではその割にはキムタクの出演時間がとても短いと、少々批判的な意見もあります。主役が国際派スターのトニー・レオンですから仕方ないですよね。

内容は官能かつとてもシリアスなストーリーですが、撮影現場はわきあいあいとしていたそうです。当時撮影を終えたキムタクがその様子をSMAP全員で交代でやっていたラジオ番組「STOP THE SMAP」で話していましたヨ。

 

撮影の合間にカメラマンとキムタクは○○トーク!

「STOP THE SMAP」2003年12月8日放送より

リスナーさん:
「映画の撮影お疲れさまです。ひさびさの『2046』はどんな感じですか?上海は楽しんでましたか?もう公開しないものだと思っていたので、すごく楽しみです。“彼は3年前より成長していた”って監督が言ってましたが、なんか撮影の裏話があれば聞かせてください。」

キムタク:
「まぁ、そうですね、尽きないよコレ。裏話なん…裏話っていうか、もう何だろ。う~ん…だって、3時間でやっと1カットぐらいだから、撮影のテンポが。だから、スタジオにいても、”本番!”って言って、本番で ”アクション!"  っ言って実際にやってる時間っていうのがすごい少ない。逆にスタンバイの時間とか、うん、待ち時間がかなり長いんですけども。

まぁでもそんな時間も案外、日本からサポーターとして来てくれたスタッフと話してたりとか、実際に現場の撮影コーディネーターをやってくれた向こうのスタッフとかと話をしていたりとか。監督のウォン・カーウァイさんともいろんなコミニュケーションで、『次のシーンこうしないか?』とか。

クリストファー・ドイルさんとは、まじめな話は1回もしませんでしたね。カメラマンのクリスとは。もう冗談ばっかり。下ネタばっかり!えぇ。ずーっとそんなんばかりですね。」

----------- ラジオ番組ワッツでそれ系のお話が多いキムタクですが、上海でも変わらない様子ですね。らしくていいです(笑)

 

「あとフェイ・ウォンっていう向こうの、歌も歌ったり、映画にも出たりっていうね、多彩な女がいるんですけど。彼女とは一緒のシーンがすごい多いんですけど。むこうも母親だったりとかして、結構現場で作品から離れた話もできたりとか、で、実際に作品の話をしたりとか。

で、向こうに滞在してると、やっぱり中国のMTVが流れるじゃないですか。で、そういうのを見てたりとかすると、映画で共演してるフェイ・ウォンっていう女優さんが、MTVの中ではフェイ・ウォンっていうシンガーとなってビデオクリップが流れてたりとかすると、なんか変な感覚で。

で、現場行って、『あ、今日見たよMTVで』とかって言うと、『やめてよ~見ないでよ~』って言われたりとか…ははは(笑)」

--------- キムタクってどの国の女優さんともよく気さくに雑談しているイメージがありますね。セクシーさは万国共通、やっぱりキムタクの魅力が伝わっているのかなぁ。

 

上海でのキムタクはごキゲン♪

「まぁ、フツーのテンションがずっと保てた上海だったと思うし、すごく街自体がパワーある街なんで、行ってても移動したりとかするときも、結構ご機嫌でしたね。いろんなとこ見れたり。

見れたり、歩きまわったりとか、実際に触れたりとかってのは、すごい少なかったんだけど、移動中いろんなとこ見れたりとかして、街の人たちの表情も。あんまねぇ、笑顔はないんだけどねぇ、でも、活力はすごい、う~ん。あの目の奥にあるような気がしましたね。

あと街全体のギャップもすごくあったし、地上88階とか、あの~ビルディングの真横に平屋建ての建物があったりとか。なんかね、すごくアンバランスなんだけど、でも、そのアンバランスさがすごくなんかこう、常に止まってない感じがする、街?というイメージをうけて楽しかったですねぇ。」

----------- このころのキムタクは30歳。上海で刺激をいっぱいもらってきたんですね(^∀^)

 

「う~ん、撮影自体は。まぁ、ねぇ『3年前より成長してた』って監督が言ってくれたかもしれませんが、してなかったらヤバイだろうって話ですよねぇ。逆つっこみを入れちゃいますけど、う~ん。

自分的に、アレですね。こう~映画に出てんだぜ!出てんだぜ!っていう感じでは全然ないので。うん、ホントに。まぁ撮影にチラッと…うん、作品の中でチラッと自分が参加させただけでも、すごく僕にはお金では買うことのできない経験をさせてもらったな~と、うん、思ってますんで。

自分でも楽しみですね。台本が無い分。

で、あの~俺以外、自分が撮ってないシーンは、どんなシーンを撮ってるか全く知らないので、だから公開がある意味、みんなと同じテンションだね、観る時は。どんな映画なんだろう?っていうことで、僕も映画館に足を運ぶと思いますので、はい、ぜひぜひ楽しみにしててほしいと思います!」

---------- 監督にはぜひ突っ込んでもらいたかったですね(笑)

この映画への出演でカンヌ映画祭のレッドカーペットも経験したキムタク。惜しくも受賞は逃してしまいましたが(この年は映画”誰も知らない”で設楽優弥くんが史上最年少で男優賞を受賞した年)、キムタク本人も言っているように、お金に替えられない経験をした貴重な時間だったようですね♪

 

パーソナルトレーニングジム-24/7

-木村拓哉 映画
-

Copyright© キムタクまとめ , 2018 All Rights Reserved.