キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

キムタクまとめ

木村拓哉 ドラマ

アンドロイドなキムタクと柴咲コウのSFラブストーリー『安堂ロイド?A.I. knows LOVE??』

更新日:

andou

『安堂ロイド?A.I. knows LOVE??』は、TBS系の『日曜劇場』枠で2013年10月13日から12月15日まで放送された日本のテレビドラマ。100年先の未来から大切な人を守るために現代へ送り込まれたアンドロイド「安堂ロイド」と、婚約者・沫嶋黎士を亡くした安堂麻陽とのSFラブストーリー。コンセプト・設定協力として『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズのスタッフ庵野秀明氏、鶴巻和哉氏、そして前田真宏氏が実写テレビドラマに初参加して制作して話題となりました。第17回日刊スポーツ・ドラマグランプリ、月刊TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2013などを受賞。

放送局: TBSテレビ

放送期間:2013年10月13日~12月15日

出演者:
木村拓哉
柴咲コウ
大島優子
名取裕子
遠藤憲一
桐谷美玲

あらすじ:
2013年のある日、安堂麻陽と婚約中の天才物理学者・沫嶋黎士は100年後の未来から来た警察アンドロイドの機体に殺害される。その死は飛行機事故に偽装され、突然婚約者を亡くし憔悴する麻陽もまたアンドロイドに襲われる。だが、彼女の元に黎士とウリ二つの姿を持つアンドロイド・ARX II-13が現れて彼女を救う。彼は未来のクライアントの命令で麻陽の命を守るために現れたという。麻陽はアンドロイドの非情な振る舞いが理解できず当初は反発するが、未来の秘密を守るために彼を黎士が生きていたことにしてなりすまさせ一緒に生活する。そして、次第に彼が人間らしい感情を持つことに気付いて絆を深めていき、安堂ロイドという名前を付ける。未来の警察機体は次々に麻陽のもとに送り込まれ、ロイドはその度に体を張って麻陽を守り続けのだが・・・

 

日本のドラマにはめずらしいSFモノで、しかもキムタクがアンドロイドを演じるという異色のドラマでした。複数の人気女優を起用し、話題性も十分でしたが、視聴率が振るわなかった(でもこの時期はどこの局のドラマも低視聴率だった)ため、ついにキムタクも視聴率が取れなくなった、という報道もありましたが、実は一部ではとても好評価された完成度の高いドラマでした。

 

カラコンで目がヤバいことになりながらもロイドを熱演!

何事にも深いこだわりを持って挑戦することで知られているキムタクはロイドを演じるにあたって、よりアンドロイド差を出すために黒コンを入れて、感情を消すようにしたかったそうです。でもその結果、目がえらい目にあったのだとか。

つい先日の「What's up SMAP」でリスナーさんからのメッセージを経てその苦悩を語っていました。

リスナーさん:
「質問なのですが、キャプテンはカラコンしたことありますか?私の記憶だと『ホストマンブルース』のヒカルの時にしていたような気がします。まわりの友達がカラコンをしはじめたから自分もつけたい!と思ったけど今までコンタクトもしたことないし、抵抗があります。よかったらキャプテンのカラコンにまつわる話を教えてほしいです!」

キムタク:
「カラコンは~、なんだろ?何かの役でやった時が初めてだったんじゃないかと思うんですけど。あの~『安堂ロイド』で、ロイドをやってる時は、常に目が真っ黒になるようなコンタクトを入れて撮影してたんですけど。

でもね、ミスプロデュースというか、”うわ~なんでこうしちゃったかな~、オレ”って思ったんですけど。あの~瞳が真っ黒に見えるコンタクトを入れたら、表情が目からあんまり出なくて面白いんじゃないかと思って入れたんですよ。

で、いれたんだけど~、ロイドという役をやらせてもらった時に、ま、じゃぁ役が役だし、本番中はまばたきやめてみようかなと思って、やってみたんですよ。短いシーンはすごくいい感じに作ることができて、”あ、じゃこれで統一しよう”と思って、やってみたんですけど、あれ、たまったもんじゃないですね(笑)。

コンタクトを入れてまばたくきをしないと、”こんなことになるんだ!”っていう、あれはミスプロデュースだったなと言う風に、うん。

ちょっと長めのシーンが始まりますよってときは、本番前にメイクさんに『とろーり目薬』みたいやつをいただいて、それをポンポンと差してから、ヨーイ!って本番やってましたね。

でもね、とろーり目薬を入れても、3分以上のシーンとかはもぅ目が ”ヤヴァィ!ヤヴャィ!”っていう状況にはなってたんですけど。最終的には、ねぇ、もう始めちゃったもんだったので一応やりました(笑)。

アクションシーンもしてないですね。結構ね、場合によってはコンタクトがふっ~と浮いてきちゃう時とかあって、”ヤバイ!ヤバイ!ヤバイーっ!”と自分では思っていたんですけど、ちょうどカメラがブーッと動いて、自分越しの柴咲コウちゃんになってるとき、僕の目のコンタクトがこぅ、ベロっとはがれているところは写ってなくて、『ハイ、カット―!チェック!OK!』となってはいたんですけど、ボクの中では『ヤッベェ~。コンタクト剥がれてるし!』っていうまんまOKテイクいただいたりとかいう時もありましたけどね。

まあ、ほどほどにリスナーさんができるのであれば、たま~のオシャレにいいんじゃないかとは思いますけどね」

 

----------ロイドの魅力と言えば、顔色ひとつ変えずに、愛する人を守るクールさでしたが、実はカラコンがはげて「ヤバイ!ヤバイ!」って思ってたんですね!安堂ロイド、すごい好きだったけどもう同じ気持ちでは見れないかも(笑)

それにしてもキムタクがドラマが終わった後で話す裏話、ドラマが2度3度楽しめてほんとうにありがたいですw

 

 

パーソナルトレーニングジム-24/7

-木村拓哉 ドラマ
-,

Copyright© キムタクまとめ , 2018 All Rights Reserved.