キムタクまとめ

キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

*

ハプニングがいろいろあったキムタクにとって思い出深い作品「プライド」

   

pride

 

プライドは、2004年に放送された木村拓哉主演の「スポ根(スポーツ根性モノ)ラブストーリー」。「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに情熱を燃やす青年の奮闘をメインに、それに絡むOLとの恋愛模様、また選手との人間関係をリアルに、「LOVE & FIGHT」をテーマに描かれた青春ドラマ。最高視聴率28.8%を記録した。

制作局 :フジテレビ

放送期間 :2004年1月~ 3月

出演者 :   
木村拓哉(SMAP)
竹内結子
坂口憲二
市川染五郎
石田ゆり子
佐藤浩市

オープニング:
 クイーン「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」
 

あらすじ:
実業団アイスホッケーチーム「ブルー・スコーピオンズ」のキャプテン・里中ハル(木村)は幼い頃に母親に捨てられて以来、本気で人を愛することが出来ず、ゲームのような恋愛ばかりを繰り返していた。一方、チームの親会社に勤めるOLの村瀬亜樹(竹内結子)は、NYへと旅立ってから約2年間も全く音沙汰のない彼をひたすら待ち続けていた。そんな二人が出会い、亜樹の彼氏が帰国するまでという期限付きの恋愛ゲームをはじめるが…

過激なスポーツマン役に苦労したキムタク

デビュー前後にサッカー少年の役は経験していたキムタク。でもこの「プライド」でのアイスホッケープレイヤー役は想像を超える厳しさだったようで、自分のラジオ番組で「体力的に相当きつかった」ともらしていました。弱音を吐かないキムタクにしてはめずらしいですよね。

で、「プライド」で里中ハルを演じるに当たってちょっとした裏話があり、撮影が始まる前に、アメリカからキムタクと背格好がまったく同じで、髪も真っ黒でヘアースタイルも同じなホッケー選手が来たそうです。

その人を見たキムタクは、撮影は自分ですべらなくていいんだって安心して、すっごいホッとして撮影現場に行ったそうです。

で、撮影所でキムタクは吹き替えの人が、自分のスケーティングシーンはやってくれるから、それが終わるまではロッカールームに居られるんだなあと思って、ロッカールームで、坂口憲二さん、佐藤隆太さん、あと染(市川染五郎さん)とみんなで話していたのですが、

そしたらスタッフさんが真っ青な顔して来て「すいません」って言ってきたのでキムタクは、
「え?もう終わったの?早いねえ~やっぱプロが滑ったら凄かったでしょう」
みたいな感じで言おうと思ったら、

スタッフさんは「すいません、あの~○○くんなんですけど~、居ません」って言って、
「え?・・・何で居ないの?」とキムタクが聞くと、

「すいません、ホームシックで帰っちゃいました!」という話だったそうです。

それで、吹き替えさんがいなくなってしまった中里ハルは、初日からガチで、本人が滑らなきゃいけなくなったとか。

大変だったんですね~!

と言うか、それでちゃんと滑れちゃうキムタクって、なんなのでしょう?(笑)

ほんっとオールマイティな人ですよね。

 

パーソナルトレーニングジム-24/7

 

 


スポンサーリンク

 - 木村拓哉 ドラマ