キムタクまとめ

キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

*

「プライスレス」がもっとオモシロなくるリスナーからの質問集

      2016/06/07

priceless

 

キムタクの出たドラマの中でも、視聴者からの「それ聞く?」という質問が多かった「PRICELESS~あるわけないじゃん、んなもん」。ドラマ自体は面白かったけど、カメラが映ってたとか赤ランプが入ってたとか、そんなタレこみがドラマ放送開始当時から、キムタクのラジオ番組にちょいちょい送られてきていました。

ドラマの放送が進み、その手の投稿が増えたことにキムタクさんは開き直ったのか、ついに「What’s up SMAP」内で「PRICELESS それ聞くか?」大会を開いてしまいました(笑)その一部を紹介しますね。

 

リスナーさん
「キャプテンが藤ヶ谷君と電話中にケータイを川に落としてしまうシーンは、もしかしてロンバケのセナマン近くの橋ですか?」

キムタク:
「これよく分かったね~。はいっ、おっしゃる通りです。ロンバケ経験者としては感慨深い!“この橋はあれじゃねぇかよ!”と思いました。」

 

リスナーさん:
「ドラマの中で食べている“草のおひたし”あれはホウレン草とかではなく、本当に草なんですか?もし本当に草なら、どんな味なんでしょうか?」

キムタク:
「あれは、実際に撮影の際、貫太と両太と金田一で摘んできた、草です!食べられる、本当に草なんですけども。うん。あれはね、味は、見た感じ食卓にポンって出された感じ、非常にさみしいんですけど、あれ食べてみるとケッコウ美味いんですよ。

それはきっとね、その消え物を作って下さっているスタッフの腕次第だと思うんですけど、あれ美味いっすよ!あのー何て言えばいいんだろうな・・醤油バターみたいな・・感じでソテーされてるんですけど。全然食えますよ!あれ。ははははっ!」

 

あのセットはキムタクも超ジャマだと思っていた!(笑)

まだまだ続きます。キムタクのセットのぶっちゃけトークが面白いですw

 

リスナーさん:
「金田一の部屋にある、あのポールは何ですか?毎回観るたびに気になっています。はっきり言って邪魔だと思うんですが、あのポールは一体何のためにあるんですか?金田一さん、教えて下さい」

キムタク:
「はい、あの~すいません。アレ邪魔だよね。俺もスッゲー思ってた。何この~要らなくねえか?っていう。あのね、監督も言ってた。『ああ、もうこれ撮りづれ~、邪魔くせえな、これ、何でこれ作っちゃったんだろうなあ。』みたいなことは言ってましたね。うん。あれ、多分、まあその幸福荘のね、作りなので、まあアパートを建てる際にねえ、あのポールが必要だったんじゃないですか?

あのポールが無いと、多分ちょっとお部屋が傾いてしまったりとか、天井がちょっとねえ、支えきれなかったりもするんじゃないかなあと思うんですけども。ホントにねえ、あのポールがあることによってねえ、部屋の中の動きが凄く制限されるんですよ。ホント邪魔なんっすよねえ、あのポール。うん。

まあ、あの~リスナーさんがね、あの~『はっきり言って邪魔だと思うんですが」っていう一意見として、ええ言ってくれたのに僕も乗っかりたいと思います。あれ、すっげ~邪魔でした。はい。』

 

リスナーさん:
「6話の最後で金田一が大雨の中、ミラクルエレクトロニクスに撤去された魔法瓶を取りに行くシーンがありましたが。あの雨は偽物ですよね。クレーンかなんかをこう使って上の方から雨を降らしてるんですよね。あの水って冷たいんですか。雨のシーンに関するエピソードを教えてください。」

キムタク:
「っていうね。それ聞く?って感じなんですけど、うん。あの・・シーン、はい、確かに、雨降らしのスタッフは現場に来てくれていました。が、しかし、あれ・・ガチな雨です。うん。で、結構あの~僕ら柔軟に撮影をしてしまうので、雨降っててここ撮れねえんじゃねえのっていう時は『じゃあ雨の設定にしちゃおうよ』って言って。」

 

リスナーさん:
「ユニフォームやスーツなど何シーンも着用されていますが、衣装は同じものが何着もあるんでしょうか。1着を着まわしてるんでしょうか。」

キムタク:
「あの~ホントに1着を着まわしてます。うん、だからもう、衣装管理は非常に気を付けないといけない感じになってますね。だからあの、衣装着たまま『はい、昼休憩入ります』っていって、飯食いに行った時なんかはホントに気をつけないと、うん、1着しかないので。

んで野球のユニフォームだったら何着かあるんだろうって俺は思ってたんですよ。したらあの~5話ぐらいの時かな。これ何着かあるんでしょ?ってスタッフに聞いたら、『あ、ないっす』って言われて(笑)。ないの?って言ったら『はい、ないっす。1着しか作ってないんで』って言われて。うん。危ないですよね。だからホントにあの・・大事にさせていただいてますね。」

 

———— なんともアレコレとウラ話があるものです。一度見たドラマでも、こうしたウラ話を知ってから見ると、また違った面白みがありますよね。特に、あの橋が「ラブジェネ」の橋だったとか、実は柱がじゃまだなー、と思って演技してるんだ?と思うと、くすっと笑えて楽しさ倍増です。

記事を読まれたみなさん、この後ぜひぜひもう一度「PRICELESS」を観てみてくださいね♪

 

 

パーソナルトレーニングジム-24/7


スポンサーリンク

 - 木村拓哉 ドラマ ,