キムタクまとめ

キムタクこと木村拓哉さんのアレコレまとめブログ

*

キムタクが出演した名作文学「おとうと」

      2016/01/05

kimutaku01

 

斉藤由紀の弟役で出演

ドラマ『おとうと 姉さん僕は死にたくない! 死に行く弟に捧げる姉の挽歌』は、1990年にTBS系列の月曜ドラマスペシャルとして放送された、幸田文原作の名作文学『おとうと』のテレビドラマ。大正中期を舞台に、母親の代わりとして、結核の末期症状で入院した弟を、青春のすべてを捧げ健気にがんばる姉との姉弟愛と.家族のキズナの大切さを描いた作品。キムタクは、斉藤由貴の弟役を熱演。

放送局:TBS

放送日:1990/04/30単発

出演者:
斉藤 由貴(斎藤 由貴)
木村 拓哉
香山 美子
中条 静夫
鈴木ヒロミツ
下条 正巳

あらすじ:大正時代、旧制中学一年生の碧郎にははやがて母のような存在である姉、げんがいた。仲のよい姉弟であるが碧郎はやがて学校の不良仲間と付き合うようになる。げんは、そんな碧郎にハラハラしながらも見守り、心から説得する。しかし、碧郎はげんのそんな気持ちに気づきながらも素直な態度が取れず、ますますげんを悩ませる。そんな時、碧郎が結核を患った・・・

6回もリメークされた名作に出演したキムタク

「おとうと」は1958年に放映された幸田文の原作のテレビドラマで、なんと6回もリマークされたテレビドラマ。NHKでもリメークされ、3回は映画として上映されました。

キムタクが演じた弟・碧郎はこれまでに、津川雅彦、川口浩、郷ひろみ、高野浩幸、笑福亭鶴瓶のそうそうたる顔ぶれの俳優さんたちが演じたすごい作品です。

ファンにとっての見どころはなんといっても、まだ10代の若々しいキムタクの、大正時代の学生服姿。

昔の詰襟なんだけど、2段までちょっと開けて不良っぽく?着ていて、かわいい顔とのアンバランスさがグッと来ます。ザンギリなヘアースタイルも新鮮♪

 

 

 


スポンサーリンク

 - 木村拓哉 ドラマ